菊川市立総合病院

tel. 0537-35-2135(代表)〒439-0022 静岡県菊川市東横地1632
文字サイズ・背景の設定

文字サイズ通常の文字サイズ大きい文字サイズ背景色背景白 背景青背景黄背景黒

診療案内
診療日:月~金曜日の平日 受付時間:平日8:00~11:00 休診日:土・日・祝(年末年始12月29日〜1月3日)診療日:月~金曜日の平日 受付時間:平日8:00~11:00 休診日:土・日・祝(年末年始12月29日〜1月3日)
  • 外来診療担当医表
  • フロアガイド

整形外科

初診受付時間

一般初診

月~金曜日:8時~10時

スポーツ外来初診

毎週月曜日:14時~16時

  • 一般初診、スポーツ外来初診とも予約以外の患者さまにつきましては、緊急手術や、学会等への出席のため、担当医師の変更や休診する場合がありますのでご確認ください。

ページのトップ

ご案内

整形外科では、運動器官(骨・関節・筋腱・靱帯・脊髄・末梢神経など)に起因した疾患を診断・治療しています。
急性疾患では、スポーツや交通事故、労務災害による外傷をはじめ、四肢や脊椎の骨折・脱臼、打撲、捻挫、筋腱の断裂、神経・血管損傷などが挙げられます。
慢性疾患では、関節や脊椎の加齢性変形に伴う変形性関節症や変形性脊椎症、肩腱板損傷や関節リウマチ、骨粗鬆症、腱鞘炎、末梢神経障害などが挙げられます。

ページのトップ

専門外来

スポーツ外来

  • 毎週月曜日の午後に開設しております。
  • 初診受付時間 14:00~16:00
  • 再診予約制 15:00~16:30
  • スポーツに起因する外傷や障害を診断・治療しております。

小学生の骨端症(いわゆる成長痛とよばれている膝、足、踵などの痛み)や中学生に多い腰椎の疲労骨折(放っておくと腰椎分離症に発展してしまいます。)などの患者さまが大勢来院されます。
また、スポーツの種目によっては、野球肘、野球肩、テニス肘などの特有の病態があります。疲労骨折は、あらゆるスポーツにおいて、手、足、骨盤などどこにでも発生し得ますので、痛みが続くようなら、相談にご来院ください。(スポーツに起因する症状なら、もちろん年齢も問いません。)
大切なのは、早期発見、早期治療です。病院へ行くと、すぐ運動を中止しろと言われるから行きたくないという声をよく聞きますが、安静だけで治るのが、一番自然で、安全な治療と考えております。
安静やリハビリで、どうしても治らない患者さまには、注射をしたり手術を提案させていただくこともあります。当院で、特に件数の多い手術は、肩、膝、足などの関節の内視鏡下手術です。また、膝の半月板修復術や前十字靱帯再建手術は、中西部の施設の中においても、豊富な実績を積んでいますので、相談にご来院ください。

乳児股関節検診

  • 毎週木曜日の午後1時30分から、検診を行っております。

見逃しを避ける為、視診・触診だけでなく、レントゲン検査も行っております。年間数例の先天性股関節(亜)脱臼が見つかります。
まず、当院で装具治療を開始し、改善のみられない患者様は、専門病院へ責任をもってご紹介いたします。

脊椎脊髄外来

  • 脊椎脊髄外来は、毎週金曜日の午前に開いており、村田医師が担当しています。
  • 初診は、原則的には他院からの紹介が必要です。

脊椎脊髄外来では、首や腰の痛み、手指や脚のしびれ、歩きにくさなど、「背骨」にかかわる症状の診断と治療を行っています。一口に「背骨」の病気といっても、安静のみで軽快するものから、早急に手術を行わないと重い後遺症を残すものまであります。病気の種類、症状の程度、患者さまの希望などを考慮して、その患者さまにとって最良と思われる治療法を選択するよう心掛けています。手術は脊椎脊髄疾患全般にわたって行っています。頸椎では椎間板ヘルニアや頸髄症が、腰椎では椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が多く、術中の合併症を起こさないこと、術後早期よりベッドから離れられることを目指した術式を行っています。

ページのトップ

医師紹介

氏 名 役職名 専門分野 出身大学 認定資格等
村田 英之 診療部長 脊椎脊髄外科 浜松医大(S55年卒) 日本整形外科学会専門医
日本リハビリテーション医学会専門医
鈴木 義司 診療科長 関節外科、スポーツ障害 浜松医大(H1年卒) 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会リウマチ医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
山下 大輔 医長 小児整形、関節外科
(浜松医大 小児整形外科班所属)
浜松医大(H17年卒) 日本整形外科学会専門医
宮本 繁之 医長 外傷、リウマチ
(浜松医大 リウマチ班所属)
北里大学(H19年卒) 日本整形外科学会専門医
野本 一希 医員 外傷一般、スポーツ障害
(浜松医大 肩膝スポーツ班所属)
浜松医大(H25年卒)
小木 浩孝 医員 外傷一般 浜松医大(H27年卒)

ページのトップ

外来診療担当医

外来診療担当医表はこちら(PDF)をご覧ください。

外来診療担当医表を開く(PDF)

当日の診療担当医は、ブロック受付にお問い合わせください。
診療担当医は、都合により変更させていただく場合もあります。
表中の「/」は、隔週の交代制となっております。
受付の詳細につきましては、「外来診療のご案内」をご覧ください。

ページのトップ

診療実績

平成29年4月~平成30年3月までの期間に、外傷手術のほか専門手術として、脊椎脊髄手術、肩腱板修復術、膝関節鏡視下手術、膝前十字靭帯再建手術、人工膝関節全置換術、人工股関節全置換術、スポーツ障害、末梢神経障害など、1,100件の手術を行っています。
整形外科の手術の特徴として、例えば肩腱板断裂や肘前十字靱帯断裂の術後は、最低6カ月間の術後リハビリテーションで、自動機能は大きく改善します。また、膝や股の人工関節置換術後は、従来、人工関節のゆるみなどのアフターケアが10年以上必要です。当院では、術後のリハビリテーションやアフターケアを特に重要視しております。

ページのトップ

専門医研修体制

  • 日本整形外科学会 専門医制度研修施設

ページのトップ

gotop