平成28年度 菊川市立総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 13 75 75 109 207 236 601 601 751 300
【解説】
平成28年度に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しています。
退院患者の年齢構成を調べると、その病院の特徴をある程度調べることができます。
当院は一般急性期疾患から回復期機能までを持つ地域密着型の病院を目指しており、0歳から90歳以上まで幅広く診療を行っています。中でも、70歳以上の方が全体の56%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 86 22.07 21.25 10.47 82.94
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 82 3.84 3.06 1.22 69.44
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 77 18.95 17.95 2.6 81.95
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 40 23.35 12.43 0 78.13
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 39 14.31 11.06 0 77.08
【解説】
DPC14 桁分類で集計し、内科の症例数の多い上位5疾患についてDPC コード、DPC名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、(患者用パス)を一覧に表示しています。

内科一般を広く基本的な診療を行っています。特に循環器及び消化器領域においてはその専門性を生かし、より先進的な高度医療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 132 39.15 27.63 24.24 83.44
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 52 29.42 20.57 7.69 78.87
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 51 2.37 5.49 0 55.43
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 40 37.25 26.26 0 76.5
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 40 9.73 11.91 0 37.4
【解説】
DPC14 桁分類で集計し、整形外科の症例数の多い上位5疾患についてDPC コード、DPC名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、(患者用パス)を一覧に表示しています。

整形外科では、スポーツ等による外傷をはじめ、四肢や脊椎の骨折・脱臼、打撲、捻挫、筋腱の断裂、神経・血管損傷などを行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 51 7.61 6.91 0 35.08
06007xxx9907xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 7あり 28 3.36 6.34 0 59.14
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 20 14.7 11.97 0 75.6
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 18 3.5 4.41 0 63.22
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 7.76 9.08 11.76 72.06
【解説】
DPC14 桁分類で集計し、外科の症例数の多い上位5疾患についてDPC コード、DPC名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、(患者用パス)を一覧に表示しています。

外科では、虫垂炎等、外科全般にわたる診療を行っています。上部・下部消化管(胃や大腸など)をはじめ、肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓など消化器全般の手術を行っています。癌では手術に加え、化学療法などの治療を進行度やガイドラインに則ってすすめています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 24 7.71 7.44 0 74.04
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - - 9.98 - -
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし - - 5.83 - -
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし - - 8.83 - -
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病 なし - - 5.33 - -
【解説】
DPC14 桁分類で集計し、泌尿器科の症例数の多い上位5疾患についてDPC コード、DPC名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、(患者用パス)を一覧に表示しています。 ※患者数が10未満の場合はハイフンで示しています。

泌尿器科では、尿路性器感染症、尿管結石・前立腺肥大症・過活動膀胱などの良性疾患だけでなく、膀胱癌・前立腺癌などの悪性疾患も行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 - - 2.43 - -
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - - 10.05 - -
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 - - 10.36 - -
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし - - 12.29 - -
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし - - 20.79 - -
【解説】
DPC14 桁分類で集計し、産婦人科の症例数の多い上位5疾患についてDPC コード、DPC名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、(患者用パス)を一覧に表示しています。 ※患者数が10未満の場合はハイフンで示しています。また、自費診療(正常分娩)にかかわる症例については含んでおりません。

産婦人科では、子宮の良性疾患や悪性疾患を扱っており、周産期チーム(助産師、産婦人科医、小児科医、薬剤師、看護師、栄養士)による分娩も行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 12 - 1 7
大腸癌 - - 21 26 12 34 1 7
乳癌 - 26 - - - 1 7
肺癌 - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【解説】
現在日本で最も罹患数の多い5つのがん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)の病期(ステージ)ごとの延べ患者数を集計しています。なお、再発がんは延べ患者数のみを別に集計しています。 ※患者数が10未満の場合はハイフンで示しています。

当院では、手術に加え化学療法などの治療を進行度やガイドラインに則って進めています。がん治療認定医を中心に化学療法を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 67 18.67 79.7
重症 23 26.39 85.39
超重症 - - -
不明 - - -
【解説】
成人(20歳以上)市中肺炎の患者さんを重症度別に、患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
市中肺炎とは、院外での日常生活の中で発症した肺炎の事をいいます。
重症度分類は、「年齢・性別」「尿素窒素(BUN)・脱水」「動脈血酸素飽和度(SPO2)」「血圧」「意識障害」を基準に沿って各1点で評価し、その結果を合算したものになります。 
軽症(0点)中等症(1~2点)重症(3点)超重症(4~5点、ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする)不明(各因子で不明がある場合)

 ※患者数が10未満の場合はハイフンで示しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 63 39 79.24 7.94
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
【解説】
傷病名と発症時期別に集計し、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
脳梗塞とは、脳に栄養を与える動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たした状態です。
 ※患者数が10未満の場合はハイフンで示しています。また、発症日から「3日以内」「その他」に分け集計を行っておりますが、発症日から「3日以内」「その他」に分けて10未満になることが多いため、分けずに合計した数値を記載します。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 111 1.85 37.07 18.02 79.14
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 66 0.89 9.64 0 61.58
K0821 人工関節置換術(膝) 等 63 1.63 35.29 0 74.19
K0811 人工骨頭挿入術(股) 46 2.65 39.98 28.26 82.09
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(膝) 等 44 1.02 8.77 0 61.14
【解説】
手術術式の点数表コード(K コード)で集計しています。
複数の手術を行った場合は主たる手術をカウントしています。整形外科の手術件数の多い上位5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢等を示しています。 
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 62 0.02 3.06 1.61 64.18
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27 0.33 4.37 0 59.52
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等 13 1.77 1.08 0 65.38
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 12 0.17 3.75 0 59.42
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 12 6.58 19.58 0 74.58
【解説】
手術術式の点数表コード(K コード)で集計しています。
複数の手術を行った場合は主たる手術をカウントしています。外科の手術件数の多い上位5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢等を示しています。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 23 5.3 12.48 0 69.13
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 2.09 18.59 0 81.86
K654 内視鏡的消化管止血術 19 0.74 11.26 10.53 73.37
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 14 4.93 21.21 0 71.86
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 14 4.36 11.07 0 81.21
【解説】
手術術式の点数表コード(K コード)で集計しています。
複数の手術を行った場合は主たる手術をカウントしています。内科の手術件数の多い上位5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢等を示しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 21 0.95 5.95 0 73.29
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 12 4.75 7.17 0 72.92
K610-3 内シャント設置術 10 0 1.7 0 61.6
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) - - - - -
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) - - - - -
【解説】
手術術式の点数表コード(K コード)で集計しています。
複数の手術を行った場合は主たる手術をカウントしています。泌尿器科の手術件数の多い上位5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢等を示しています。 ※患者数が10未満の場合はハイフンで示しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 10 1 1 0 42.2
K877 子宮全摘術 - - - - -
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) - - - - -
K9121 子宮外妊娠手術(開腹) - - - - -
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) - - - - -
【解説】
手術術式の点数表コード(K コード)で集計しています。
複数の手術を行った場合は主たる手術をカウントしています。産婦人科の手術件数の多い上位5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢等を示しています。 ※患者数が10未満の場合はハイフンで示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 15 0.51
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.61
異なる - -
【解説】
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、敗血症、播種性血管内凝固、手術・術後の合併症、その他の真菌症について、入院契機病名(入院の切っ掛けとなった傷病)の同一性の有無を区別して集計し対象患者数と発症率を示しています。
 ※患者数が10未満の場合はハイフンで示しています。

<180040 手術・処置等の合併症の傷病名内訳>
透析シャント狭窄、ペースメーカ植え込み後感染症、人工弁血栓、造影剤ショック、埋込型カテーテルポート破損、透析低血圧症、左前腕MRSA術後創部感染、吻合部狭窄、透析シャント閉塞、右人工股関節脱臼、移植人工血管感染、左肘術後創部感染。
更新履歴
2017/09/21
「平成28年度 菊川市立総合病院 病院指標」作成。