在宅医療・看取り

在宅医療のご案内

菊川市家庭医療センターでは、通院が困難な患者さまのご自宅へ医師や看護師等が訪問し診療を行うことで、在宅での療養生活を支援しています。「退院しても自宅で治療を続ける必要がある」「自宅で最期を迎えたい」「寝たきりになり外来通院が困難になった」ときなど、ご家族の方の介護負担を少しでも軽減し、患者さまが安心して療養できるようお手伝いさせて頂きますので、下記のとおりお気軽にご相談ください。

<家庭医療センターの在宅医療の特徴>

・菊川市家庭医療センターでは、常勤医師3人、非常勤医師4人の体制で、複数の医師により患者さまの療養をサポートします。

・「機能強化型在宅療養支援診療所」として、緊急時は24時間いつでも医師が出動できる体制をとっています。

・ご自宅へ訪問診療を行うとともに、菊川市立総合病院や各訪問看護ステーション、ケアマネージャー、調剤薬局と密接に連携し、総合的に在宅での療養を支援しています。

<対 象>
医療が必要であるにも関わらず通院が困難になった方を対象としています。
病状や医療内容等の詳細についてはお気軽にご相談ください。
なお、現状では小児の在宅医療は行っておりません。

<訪問診療可能な地域>
菊川市内は全域
菊川市外は家庭医療センターから車で30分以内(御前崎市旧浜岡地区・掛川市旧大東地区などは全域可能)
※概ね家庭医療センターから10キロ以内

<申込み・問い合わせ方法>
・当院で現在受診中の方は、医師又は看護師にご相談ください。
・菊川市立総合病院に受診している方は、病院の医師又は看護師にご相談ください。また、地域医療支援課でも相談できます。
・当院へ受診してない方もお気軽に電話にてご相談ください。

<費用の支払い>
在宅医療は、病院に通院するのと同様に原則として医療保険が適用される診療です。
別途として交通費がかかります。(市内は一律、市外は距離に応じた金額)
原則、家庭医療センター窓口にお支払いにきていただいております。
※窓口での支払いが困難な方はご相談ください。
※また、訪問看護及び訪問薬剤指導に関する費用については、利用する機関へそれぞれお支払ください。

○当院での診療費負担額の目安(交通費別途)
1割・2割負担・・・12,000円/月
3割負担・・・36,000円/月
※診療内容によって異なります。