トピックス

HOME > トピックス > 
  • カテゴリーなし

産婦人科医師を募集しています!

2011年8月3日(水)

妊婦検診 女医
  当院では、産婦人科医師を募集しています。
  菊川市及び近隣市町村におけるお産環境は、産婦人科医の不足により厳しい状況が続いています。地域医療に興味のある医師、地域密着型お産の実現に携わりたいと希望される医師の応募を期待しています。

 雇用条件等の詳細は医師募集ページ(こちらのページ)をご覧ください。
 

整形外科 外来の受付時間変更について

2011年7月1日(金)

7月1日から初診受付時間が以下のように変更になりました

  一  般   初  診 :  月~金曜日 午前8:00~午前10:00まで
 スポーツ外来初診 : 毎週月曜日  午後2:00~午後  4:00まで

 

東北地方太平洋沖地震で被災された妊婦さんの受入れについて

2011年3月14日(月)

当院では、被災された妊婦さんの分娩をできる限り受け入れます。
詳しくは、産婦人科外来へお問い合わせください。

 問い合わせ先: 【電話】 0537-35-2135(代表)

 診療医師: こちらを参照ください ⇒ 外来診療担当表(PDF)

平成23年1月からNCD症例登録に参加します

2011年1月18日(火)

 当院の外科では、National Clinical Database(NCD)への症例登録に参加し、平成23年1月から登録を開始いたします。

 登録情報は匿名化され、患者さんにはこの登録によって不利益が生じることはありません。
 登録開始に際して、患者さんに公告することが義務付けられていますので、お知らせいたします。
 詳しくは、こちら 専門医制度と連携したデータベース事業について(pdf) をご覧ください。
 また、ご不明な点は、主治医にご相談ください。

 なお、この事業の詳細については、下記 ↓ ホームページに掲載されております。
 National Clinical Database 事務局 http://www.ncd.or.jp
 

麻酔科 ペインクリニック外来を開設いたします。

2010年10月7日(木)

麻酔科

 現在、常勤医1名(指導医)と浜松医科大学 麻酔・蘇生科よりの応援で運営しております。
 術期疼痛管理に重点をおいた麻酔を行っており、エコー下神経ブロックや多種の薬剤を併用し、副作用軽減にも努めています。
 

ペインクリニック外来(専門外来)

 また、麻酔科では慢性疼痛に対する『痛みの外来』=ペインクリニック外来を新たに開設いたします。
 内容について、慢性・難治性疼痛(特に腰痛)に対し神経ブロック・漢方(エキス)による治療を行います。詳しい内容は麻酔科_ペインクリニック外来.pdfを参照ください。


耳鼻咽喉科外来 初診及び予約外再診の制限について

2010年9月9日(木)

~毎週火曜日の診療における初診及び予約外再診の受付制限について~

 耳鼻咽喉科では、現在1名の医師が診療を担当しています。
 毎週火曜日の午前は外来診療、午後は手術を行っており、午前の外来では予約患者及び初診患者並びに再診患者さまの診療を担当しております。しかし、現在ではそれら受診される患者さまの診療が午後に延びてしまうことがあり、手術開始時刻に遅れの影響がでております。
 つきましては、この毎週火曜日の診療の初診及び予約外再診の患者受付を制限させていただき、当面は予約による再診患者さまのみの受付をいたします。

 誠に恐縮ですが、ご理解とご協力をいただけますようお願いいたします。
 なお、詳細については下記をご覧ください。

 外来診療担当医表こちら(PDF)をご覧ください。
 


後期研修医(家庭医養成プログラム専門医コース)を募集します

2010年7月27日(火)

静岡家庭医養成プログラム

 静岡家庭医養成プログラムとは


  静岡県の2市1町(磐田市、菊川市、森町)が運営する家庭医要請プログラムです。 
  世界標準の家庭医療を日本の医療現場に即した形で身につけたいと願う、若手医師たち
 のための家庭医養成コースです。
  詳しくはこちらのページをご覧ください。
 

 専門医研修・フェロー募集要綱

   こちらのページをご覧ください。


 プログラム内容の紹介

    こちらのページをご覧ください。


家庭医養成プロジェクト 専門研修医・フェローを募集します!

静岡家庭医養成プログラム

 静岡家庭医養成プログラムとは

   静岡県の2市1町(磐田市、菊川市、森町)が運営する家庭医要請プログラムです。 
  世界標準の家庭医療を日本の医療現場に即した形で身につけたいと願う、若手医師たち
 のための家庭医養成コースです。
  詳しくはこちらのページをご覧ください。
 

 専門研修医・フェロー募集要綱

   こちらのページをご覧ください。

 プログラム内容の紹介

    こちらのページをご覧ください。 

予防接種協力医療機関における有効期限を過ぎたワクチンの接種について

2010年7月16日(金)

お詫び 

 関係各位

 今回、私どもの病院で使用期限が過ぎた日本脳炎ワクチンを誤って接種したことが判明しま
した。接種を受けたお二人のお子様並びに保護者の方には、心よりお詫び申し上げます。
 また、ご迷惑をおかけした関係者の皆さまにおきましても深くお詫び申し上げます。
 今後、再び同じような過ちをおこさないよう、薬品の管理体制の見直しとその徹底をはかり、
再発防止に努めてまいる所存です。

                            平成22年7月16日

                                菊川市立総合病院 院長 村田英之


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――                                                                                 

 

  市民各位 

       予防接種協力医療機関における有効期限を過ぎたワクチンの接種について

 
  菊川市が、菊川市立総合病院および小笠医師会に委託し実施している個別予防接種事業において、誤って有効期限が過ぎたワクチン(期限切れワクチン)を接種したことが判明したので報告します。

 

1有効期限が過ぎたワクチンを接種した事故

(1)被接種者への接種状況

ア  接種日          平成22年6月28日(月曜日)

イ  被接種者        4歳女児(菊川市在住)

ウ  接種医療機関菊川市立総合病院

エ  接種ワクチン日本脳炎ワクチン

オ  有効期限平成22年3月9日

 

(2)対応および経過

 平成22年7月7日(水曜日)

  掛川市保健予防課より菊川市立総合病院へ日本脳炎ワクチンのロット番号(有効期限)についての照会があり、同病院が調査したところ平成22年3月9日に有効期限切れのワクチンを菊川市1名、掛川市1名に接種したことが判明した。

 平成22年7月8日(木曜日)

  菊川市立総合病院より、菊川市健康長寿課に対し、菊川市在住の1名に有効期限切れワクチンを接種したと電話連絡があった。同病院は、被接種者宅を訪問し保護者に謝罪するとともに、有効期限切れワクチンについて説明し、体調に変化があれば連絡いただくよう伝えた。また、その際被接種者は特に問題なく経過していることを確認した。

 平成22年7月12日(月曜日)

  菊川市健康長寿課が被接種者宅を訪問し謝罪するとともに、被接種者の体調や状況について聴き取りを行い、特に問題なく経過していることを確認、何かあれば連絡いただくよう伝えた。

 

2今後の対応

(1)菊川市

1. 被接種者の体調の確認と御家族の不安解消に努める。

2. すべての個別予防接種委託医療機関に対し「ワクチンの有効期限の確認と期限切れワクチンの確実な廃棄」についてあらためて指導を徹底し再発防止を図る。

(2)菊川市立総合病院

1. 今回の事故については、病院の安全管理体制の不備によるとの反省に基づき、早急に「医療事故対策委員会」を招集した。

今後、医薬品の有効期限の厳格なチェック等の管理体制の見直しを行い再発防止を図る。

2. ワクチン接種にあたっては薬剤師、看護師、医師がワクチンの種類、有効期限等を呼称し、厳重なチェックを徹底する。

医療パンフレットコーナーを設置しました

2010年3月12日(金)

病気についての情報を、もっと皆様にお知らせしたいという思いから収集いたしました。
あなたがからだのことを知る上で、手助けになれれば幸いです。

場所:菊川市立総合病院
   1階ホール 中央トイレ前パンフレット立て & 書棚の1コーナー

内容:季節ごとに、パンフレットを入れ替えます。

詳細につきましてはこちらをご覧ください。
医療パンフレットコーナー(ご案内)(pdf)

入院医療費「DPC」導入のご案内

2010年1月28日(木)

当院では、平成22年4月1日以降に入院された患者さまの医療費の計算方式が、一つひとつの医療行為を積み上げて計算する従来の『出来高払い方式』からDPC『診断群分類別包括評価支払制度』による計算方式となります。
DPCは会計方式の変更だけではなく、医療の質の向上や透明化を図るために国が推進している制度で、当院もこの趣旨に沿ってDPCを実施します。

詳細につきましては下記をご覧ください。
入院医療費「DPC」院内掲示ポスター(PDF)
DPCについてのお知らせとQ&A(PDF)

精神科病棟改修工事に伴う患者様の受け入れについて

当院精神科では昨今の多様な精神科疾患ニーズに対応するため、精神科病棟の改修をおこなうこととなりました。工事期間は、平成22年2月12日~8月20日を予定しています。工事期間中、精神科病棟は工事箇所をのぞく病室を使用して入院治療をおこないます。このため、当院への入院のご依頼等に対してご不便をお掛けすることがあろうかと思いますが、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

詳細についてはこちらをご覧ください。

新型インフルエンザ予防接種のお知らせ【2月2日・4日接種分】(一部修正)

2010年1月26日(火)

 当院では、新型インフルエンザの予防ワクチン接種を行います。
 接種を希望される方は、下記を参照のうえ、予約受付をお願いします。

新型インフルエンザの予防接種について(25/1/2010)(PDF)

新型インフルエンザ予防接種のお知らせ

2009年12月28日(月)

 インフルエンザの感染が拡がっており、マスクの着用、手指消毒のご協力をお願いします。
 当院では新型インフルエンザの予防ワクチン接種を、以下のとおり行います。接種を希望される方は下記をご覧いただき予約受付をお願い致します。
新型インフルエンザ予防接種の受付について(H22.1.15)

システム変更に伴う受診のお願い

2009年12月21日(月)

 菊川市立総合病院では、平成22年1月1日から質の高い医療の実現と、よりよい患者サービスの提供を目的に電子カルテシステムを導入いたします。
 
 これに伴い、電子カルテシステムの切替え作業のため、下記のとおり現行システムを停止します。切替え作業終了後は、新システムで稼働します。

  システム停止期間:平成21年12月29日(火)午後5時~ 22年1月1日(金)午前8時

 この間、コンピューターが使えませんので、診察時の処方や各種検査、会計等の事務手続きなど、すべて手作業となります。
 なお、会計は仮清算となります。

  新システム移行:平成22年1月1日(金)から

 平成22年1月1日から新コンピューターシステムを利用した診察(1日から3日までは、救急診察対応)と事務手続きを開始します。

 移行当初は、診察時の処方や各種検査、会計等の事務手続きなど従前と異なるため、多少の混雑が生じる恐れがあります。

 なお、現在お身体の具合の悪い方は年内(12月28日まで)の受診をお願いします。また、ご予約は2月以降をお勧めします。

 新システムへの切替え期間中や切替え後の対応につきましては、人員を増やすなどして円滑に進めるよう努力いたしますが、待ち時間が長くなるなど、皆様にはご不便とご迷惑をおかけすることが予想されます。何卒ご理解とご協力いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

「電子カルテシステムの変更に伴う受診のお願い」(菊川市内全戸配布)(PDF)

新型インフルエンザ予防接種のお知らせ

2009年12月9日(水)

 
 当院での予防接種対象者には、先ず基礎疾患(慢性呼吸器疾患、慢性心疾患、代謝性疾患、腎機能不全、免疫機能不全)にて継続的に治療を受け、しかも 重症化のリスクが高いとされる患者様及び小児並びに妊婦さんを当院医師の判断により、優先した方のみの受付といたしました。
 ワクチンの供給量が不足で、接種は人数制限での実施となっており、今後とも供給状況に応じ、国及び県の方針に基づいての順次接種となります。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 詳細につきましては下記をご覧ください。
新型インフルエンザ予防接種の受付について(PDF)

『看護フォーラム』開催延期のお知らせ

2009年10月27日(火)

 「きくがわ病院だより」等により、平成21年11月14日(土)の開催をお知らせしておりました『看護フォーラム』は、新型インフルエンザの影響により延期することとなりました。
 参加を希望されていた方々につきましては、ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ありませんが、来場者及び入院患者の皆様の健康維持のため、ご理解をお願い申し上げます。
 なお、開催日を改めて決定した際には、当ホームページ(トピックス)等でお知らせいたします。
 
 今後とも当院の活動にご理解とご協力をお願い申し上げます。
 

「医療安全全国共同行動」に参加しています

2009年10月22日(木)

2008年5月から、医療者は医療事故防止と
信頼される医療の確立実現に総力をあげるために、
医療安全全国共同行動“いのちをまもるパートナーズ”
という運動が、全国に呼びかけられています。
当院も今年の8月から参加し、その中の行動目標の8番目
「患者・市民の医療参加」の項目に登録しています。
医療安全全国共同行動参加登録証(PDF)

市民公開シンポジウム第2弾を開催します!

2009年10月15日(木)

市民公開シンポジウム第2弾
 『お茶と医療と花粉症』
~お茶を使った「スギ花粉アレルギー性鼻炎臨床調査」の結果はいかに?~

◆当院耳鼻咽喉科では、今年1月から4月にかけて、市民の皆様など104人のご協力をいただいて、『べにふうき』というお茶の一種による、スギ花粉アレルギー性鼻炎の臨床調査を実施しました。
 このシンポジウムで臨床調査の結果を報告するとともに、医療におけるお茶の新たな可能性について一緒に考えていきたいとおもいます。

◆開催日 平成21年11月22日(日)
◆時 間 午後1時30分から午後3時45分まで(午後1時開場)
◆会 場 菊川文化会館アエル 小ホール
◆対 象 どなた様もご参加いただけます。直接ご来場ください。(入場無料) 

◇◆◇◆◇内容◇◆◇◆◇
① 調査結果報告
【演題】 『べにふうき』はアレルギー性鼻炎に効果があったのか?
【講師】 菊川市立総合病院耳鼻咽喉科長 石崎久義(医師)

② ミニ講演
【演題】 「お茶の持つすごい機能性」
【講師】 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構(島田市金谷)
      野菜茶業研究所研究チーム長 山本万里先生

③ パネルディスカッション「医療が引き出す新たな“お茶力”」
【パネラー】石崎久義医師、山本万里先生、伊藤正巳氏(市内茶生産者)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【問合先】 菊川市立総合病院 経営企画室 0537-35-2137(直通) 


インフルエンザ予防接種について

2009年10月14日(水)

 テレビや新聞等で報じられているように、全国的に季節性インフルエンザワクチンが不足しております。
 このことに伴いまして、当院におきましても基礎疾患を有する患者様を医師の判断により、優先して接種することといたしました。それ以外の方につきましては、接種及びそれに伴う事前予約をお受けすることができない状況となっております。
 予防接種を希望される方は、開業医など他医療機関へお問合せいただくとともに、感染予防対策をお願いします。

※新型インフルエンザの予防接種については、厚生労働省及び県の方針に基づき、対応させていただく予定となっております。