トピックス

HOME > トピックス > 
  • カテゴリーなし

AEDの場所、気にしたことありますか

2014年8月19日(火)

AEDという言葉を皆さん一度は耳にされたことがあるでしょうか。

AEDとは“自動体外式除細動器”のことで心臓に不具合(心室細動)を起こした人に電気ショックを与えることで、正常なリズムに戻し命を落とす危険を回避するための医療機器です。

心室細動を起こした人は処置が1分遅れるごとに、10%ずつ救命率が低下すると言われています。心臓突然死の減少につなげることを目的とし、2004年7月から一般市民でも使用できるようになった医療機器がAEDです。

当院にも、医療安全管理室および臨床工学科管理の下、緊急時、来院された方が誰でもすぐに持ち出しできるようにAEDが設置されています。

設置場所は、1階放射線科受付前と2階健診センター受付付近です。来院されたことのある方はご存知でしたでしょうか?

医療の専門家の集う病院ですが、1分1秒を争う心臓突然死を防ぐため、来院されている皆様の協力が必要になる場合があります。

ぜひ一度来院された際はAEDの場所を確認し、もしもの時に備えて頂ければ幸いです。

AED設置場所(PDF:170KB)
※新しいウィンドウが開きます。

高校生1日ナース体験を開催!

2014年8月18日(月)

8月7日、8日にて、静岡県看護協会主催の“高校生1日ナース体験”が当院で開催されました。当日は、将来の看護師を目指す高校生20名が参加し、院内の見学後に食事の配膳や介助、2人1組での血圧測定や聴診器を使った心音の確認などを体験しました。

参加した高校生からは「初めて白衣を着て、とても緊張した。」「指導してくれた看護師さんがとても優しく丁寧に教えてくださって嬉しかった。」「今回の参加で、より看護師になりたいと思った。」などの感想が聞かれ、看護職に関する興味・関心が強まったようでした。

高校生1日ナース体験①高校生1日ナース体験②
高校生1日ナース体験③高校生1日ナース体験④

下肢静脈瘤超音波検査について

2014年7月16日(水)

こんな症状ありませんか?
脚の表面がぼこぼこ膨らんでいて、脚がむくむ・重くなる・疲れやすい・痛みがある・脚がつりやすい。心当たりのある方は下肢静脈瘤かもしれません。


下肢静脈瘤①下肢静脈瘤とはどんな病気?

静脈内には多くの弁があり逆流を防ぐことで血液を心臓へと流しています。この弁が壊れてしまう事で逆流を起こし血管が徐々に太くなっていき脚の表面に太くなった血管がぼこぼこと現れてきます。立ち仕事をしている人や30歳以上の出産経験のある方は静脈瘤になりやすいと言われています。時間と共に進行していく病気ですので、早期治療の為にも症状があるかたは受診をお勧めいたします。


どんな治療法があるの?

平成26年4月より新しい治療法の血管内レーザー焼灼術を受けていただくことができるようになりました。この治療法は従来の治療法に比べ皮膚切開が小さく、麻酔が軽くすむことが利点です。その他に圧迫法・硬化療法・手術療法があります。治療法の使い分けは患者様の希望や症状、年齢により異なりますので医師に相談してください。

 

下肢静脈瘤②下肢静脈超音波検査について

治療法、病気の状態を確認する為に超音波装置で静脈の確認をしていきます。検査は少し起こした状態のベッドへ寝ていただき脚を出します。その状態で脚の付け根からふくらはぎの辺りまで静脈の走行・静脈の分枝状態・静脈瘤の大きさ・蛇行している部分の状態・逆流の程度の確認・静脈内で血液が固まっていないか等、絵を描きながら検査します。観察項目が多く、血管走行を描きながらの検査となるので、検査時間は片脚だけで約20分と少し長くなっています。超音波検査は痛みがなく、放射線を使用しないのでCTやレントゲン撮影と違い放射線被曝がないため安心して検査を受けていただけると思います。

平成26年度菊川市立総合病院事業評価委員会 開催

2014年7月11日(金)

7月3日、副市長・市連合自治会の代表者・医療関係団体の代表者・福祉関係団体の代表者・学識経験者・関係行政機関の職員など10人で組織される「菊川市立総合病院事業評価委員会」が開催されました。

今回の事業評価委員会では、第一次中期計画の最終年度である平成25年度の経営状況と、今後3ヵ年の第二次経営計画の中から主な事業について、点検及び評価が行われました。

平成25年度の経営状況については、医業収支では前年度と比較し4,700万円の改善が見られ、1,600万円の赤字と、あと一歩というところまで来ているとの評価をいただき、今後の主な事業の取り組みについては、ESCO事業や病院のあり方など各委員の皆様から貴重なご提案をいただきました。

今後、事業を推進していくにあたり、これらのご意見を取り入れ、病院の向かうべき方向に職員全員が常に意識を持ち、一丸となって取り組んで参ります。

菊川市立総合病院事業評価委員会①菊川市立総合病院事業評価委員会②

菊川市立総合病院事業評価委員会③

園芸を通した作業療法

2014年7月9日(水)

当院のリハビリテーション科では園芸を通した作業療法をしています。

昨年までもプランターなどによって野菜や花を飼育・栽培をしていましたが、
平成26年度には畑を作りました!

園芸療法について、ぜひご覧ください!

園芸療法(PDF)

※新しいウィンドウが開きます。

液状化検体細胞診について

2014年6月30日(月)

臨床検査科から液状化検体細胞診の実施状況についての報告です。

従来法(綿棒擦過法)とLBC法(液状化検体細胞診)の特徴についてまとめてあります。

興味のある方は、ぜひご覧ください。

婦人科細胞診検査で液状化検体細胞診 (PDF)

アクションプラン実施計画発表会 開催

2014年6月25日(水)

6月16日、当院全職員を対象としたアクションプラン実施計画発表会を開催しました。この発表会の目的は、病院の経営改善に向けて各部署のアクションプランを共有し、院内の協力体制を整えることにあります。

発表会では、前年度優秀部署の表彰後、各部門長によるアクションプラン実施計画の発表を行いました。村田院長からは「アクションプランは、各部署の成果が出てきている。計画の遂行に向けて、部署を越えた協力体制の構築が必要となるであろう。」との講評がありました。

アクションプラン実施計画発表会①アクションプラン実施計画発表会②

アクションプラン実施計画発表会③アクションプラン実施計画発表会④

患者様フルネーム確認週間!

2014年6月24日(火)

当院では、医療安全の確保のために”患者様フルネーム確認週間”を設けました。期間は6月23日(月)から6月29日(日)までの7日間です。(26年度は2回実施予定。)

期間中の当院の取り組みとしましては、各部署の朝礼で標語の読み上げ、医療安全管理委員による患者様への聞き取りを行っていきます。薬の渡し間違いなどを防いでいくために、皆さまのご協力をお願いします。

なお、昨年実施した”お名前確認アンケート”では、医師などが患者様にフルネームを名乗っていただくように依頼をした「依頼率」が65%、患者様が自分から名乗っていると回答された方が18%でした。

患者様フルネーム確認週間①患者様フルネーム確認週間②

患者様フルネーム確認週間③患者様フルネーム確認週間④

病院給食だより

2014年6月23日(月)


今回の病院給食だよりは、「スプーン洗浄機の紹介」と

「意外なお茶がらの再利用法」についてです。

ぜひご覧ください!

病院給食だより (PDF)

緊急被ばく医療研修会を開催しました。

2014年6月18日(水)

菊川市立総合病院は、静岡県から初期の緊急被ばく医療機関に指定されており、6月10日(火)に非常時に備えて職員を対象とした研修会を開催しました。

当日は、中部電力㈱浜岡原子力発電所の職員が作業中に被ばく・骨折したことを想定して、第1報の連絡を受けてからの処置室の受け入れ態勢の準備、患者受入後の除染を含めた医療処置の実技など、浜岡原子力発電所産業医の赤津順一医師の指導により、実践さながらの訓練を行いました。

緊急被ばく医療研修会① 緊急被ばく医療研修会②緊急被ばく医療研修会③

出前行政講座「新・肩こり解消セミナー」を開催しました。

2014年6月9日(月)

出前行政講座「新・肩こり解消セミナー」を6月3日、西平尾公民館で開催しました。今回の講座は、当院の作業療法士が肩こりの起こる仕組みの説明と実際に首や肩を動かし、肩こり解消の体操を行いました。

参加された方からは、「血液の流れが良くなった気がする。」「普段肩こりに悩んでいたので、大変参考になった。」などの感想が聞かれ、肩こりに対する理解が深まった様子でした。

出前行政講座①

出前行政講座①-2出前行政講座①-3


ふれあい看護体験 開催!

2014年6月6日(金)

5月12日の”看護の日”にちなみ、各地でふれあい看護体験が行われています。ふれあい看護体験は、病院の見学や簡単な看護体験をとおして、医療関係者との交流を深めていただくことを目的とし、当院でも5月24日(土)に開催しました。

参加した皆さんは、新生児の沐浴や感染防止のための手法などを体験し、「手にどのくらい菌がついているか知ることができ、勉強になった。」「また機会があれば看護体験をしてみたい。」といった感想を述べていました。このようなイベントをとおして、看護について少しでも理解していただければ幸いです。

ふれあい看護体験① ふれあい看護体験②

平成26年度上半期方針説明会 開催!

2014年5月9日(金)

4月28日(月)・5月1日(木)の2回、病院スタッフを対象に村田院長による平成26年度方針
説明会を開催しました。説明会では、「今回の診療報酬改定により当院も大きな影響を受ける
と予想される。安心・安全な医療を継続して提供していくために、当院の立ち位置を見直し、病
院が一体となる協力体制が今後も必要となる。」と訓示しました。

院長方針説明会①院長方針説明会② 院長方針説明会③







当院での出産

2013年12月16日(月)

◆当院での出産

平成25年6月から、周産期チーム(助産師、産婦人科医、小児科医、薬剤師、看護師、栄養士)による分娩を再開しています。当院での出産(里帰り出産含む)をご希望される方は、下記問い合わせ先まで予約をお願い致します。

◆予約・問い合わせ(平日 8:15~17:00)

電話:0537-35-2135(代表)

※代表電話につながりますので、産婦人科受付カウンターをご希望ください。

防災訓練を実施しました!

2013年12月6日(金)

12月の第1日曜日は静岡県の「地域防災の日」です。12月1日(日)、当院では地元自治会の協力を得て、大規模地震を想定した防災訓練を行いました。
地元自治会の方々が災害で負傷した模擬患者となり、病院で受入れる際に効率よく対処するため、トリアージ手法を用いて検証しました。また、入院患者の避難誘導や設備の確認等の情報伝達訓練も行いました。

防災訓練1 防災訓練2

防災訓練3 防災訓練4

防災訓練5 防災訓練6

菊川市立総合病院ESCO事業の募集について

2013年11月7日(木)

菊川市立総合病院では、第2次菊川市地球温暖化対策実行計画に基づき、施設の省エネルギー化推進による環境負荷への低減に向けて機器更新の設計、施工、維持管理、資金調達までを全て提案業者が行う、民間資金活用型(シェアード・セイビング契約)ESCO事業を実施します。
つきましては、当該事業の委託先を決定するにあたり、公募型プロポーザル方式により委託業者を選定いたしますので、次の要領を確認いただき、本事業への参加をお願いいたします。

1 事業内容
菊川市立総合病院ESCO事業

2 契約方式
シェアード・セイビング契約(民間資金活用型)

3 菊川市立総合病院の概要
(1) 所在地 静岡県菊川市東横地1632番地
(2) 面積等
・延床面積17,194㎡
・病床数260床

4 募集要項等の配布
(1) 配布期間 平成25年11月7日(木)から平成25年11月15日  (金)まで
(2) 配布場所 菊川市立総合病院ホームページ(下記)からダウンロードしてください。

5 募集要項に関する質問の受付及び回答
質問の受付 平成25年11月7日(木)から平成25年11月18日(月)まで

6 説明会
(1) 日時:平成25年12月4日(水)午後1時30分から午後3時00分
※平成25年11月18日(月)までにしずおか電子申請サービスで申請するか、説明会参加申請書(菊川市立総合病院ESCO事業提案書類様式第1号)を事務局まで提出してください。
(2) 場所:菊川市立総合病院内

7 募集要項等
募集要項の配布は11月15(金)17:00をもって終了しました。

問い合わせ先

菊川市立総合病院総務課管理係
電   話:0537-35-2136 FAX:0537-35-4484
受付時間:午前8時15分から午後5時(土日、祝日を除く)

11月9日(土)開催! 地域の皆さま感謝デー

2013年10月4日(金)

菊川市立総合病院 地域の皆さま感謝デー

いつも地域のみなさまに支えられ、運営をしています。
日ごろの感謝の気持ちを込めて、下記のとおり『第4回 地域の皆さま感謝デー』イベントを開催します。
みなさまのお越しを心からお待ちしています。

開催日 平成25年11月9日(土)

時 間  13:00~16:00

内 容  ●オープニング(13:00~13:15)
双葉保育園 園児による和太鼓演奏
あなたの知らない糖尿病の世界
ミニ健康講座(14:30~)

※ミニ健康講座は事前の申し込みをお願いいたします。
詳しくは、下記案内(PDF)をご覧下さい。

ふれあい広場
看護師の温かいハンドマッサージや健康を維持するための運動やおやつの食べ方など盛りだくさん!

詳しくは、 こちら地域の皆さま感謝デー2013.11.9案内(PDF) をご覧ください!


腎臓内科・泌尿器科の医師を募集しています!

2012年7月10日(火)

透析室従事が可能な常勤医師を求めています!

市立総合病院として地域のみなさまに医療を提供していますが、浜松医科大学のご協力(非常勤医師)を得ながら透析室を継続しています。
引き続き、地域の需要や診療科の構成を維持するためには、安定的な透析室の運営が必要不可欠です。
ぜひ、当院へ常勤医師として赴任いただけますようお願いいたします。 
具体的な勤務内容等は下記へお問い合わせください。できるだけ、ご希望に沿うよう調整させていただきます。

問合せ先

〒439-0022
静岡県菊川市東横地1632
菊川市立総合病院 総務課総務係
TEL 0537-35-2135  FAX 0537-35-4484
E-メール:info@kikugawa-hosp.jp

当院のご案内(透析室・病院・家庭医養成プログラム)

透析室や当院の概要は下記のPDFに詳しくご案内しております。
また、特色ある事業として”家庭医養成プログラム”を実施しています。若手家庭医が指導医の下、幅広い診療技術を学んでおります。ご希望であれば、臓器専門医師として若手家庭医の指導をすることも可能です。もちろん、プログラムや併設施設『菊川市家庭医療センター』見学もできます。

産婦人科医師を募集しています!

2011年8月3日(水)

妊婦検診 女医
  当院では、産婦人科医師を募集しています。
  菊川市及び近隣市町村におけるお産環境は、産婦人科医の不足により厳しい状況が続いています。地域医療に興味のある医師、地域密着型お産の実現に携わりたいと希望される医師の応募を期待しています。

 雇用条件等の詳細は医師募集ページ(こちらのページ)をご覧ください。
 

整形外科 外来の受付時間変更について

2011年7月1日(金)

7月1日から初診受付時間が以下のように変更になりました

  一  般   初  診 :  月~金曜日 午前8:00~午前10:00まで
 スポーツ外来初診 : 毎週月曜日  午後2:00~午後  4:00まで