各部門のご案内

HOME > 各部門のご案内 > 診療技術部 > 診療放射線科 > 

診療放射線科

  • カテゴリーなし

紹介と概要

 診療放射線科では、非常勤放射線科医師2名、診療放射線科技師10名、看護師1名、事務員1名で業務をしています。非常勤放射線科医師は週2回勤務で、主に放射線画像診断と腹部血管撮影・診断治療を行なっています。診療放射線技師は平日業務はもとより、休日・全夜間の救急診療にも対応できるよう業務体制を整え、1年365日24時間 検査の受け入れの体制を整備しています。

 放射線検査画像は、全てデジタル化して院内に配信されるため、検査終了直後から診察室でモニター診断が可能です。
 また、検診事業も外来業務と併用して行っており、胃部、胸部、腹部超音波、マンモグラフィ、骨密度測定、眼底撮影など患者様の要望に対応できるよう多彩な検査を用意しています。
 これら外来や検診業務には、専門教育をマスターした認定技師が対応しており、質の高い医療サービスを提供できるよう心がけています。
診療放射線科-受付

医療機器の一覧

一般診療機器

一般撮影装置
1.5TMRI装置
16列マルチスライスX線CT装置
血管撮影装置(FPD)
X線TV装置(FPD)
マンモグラフィ撮影装置(FPD)
超音波診断装置
骨密度測定装置
ポータブルX線撮影装置
外科用イメージ

検診関連機器

胸部撮影装置
X線TV装置(FPD)
超音波診断装置
マンモグラフィ撮影装置
骨密度測定装置
無散瞳カメラ

一般撮影装置

胸部や腹部、骨などの撮影を行ないます。従来は直接フイルムに撮影していましたが、IPと言う専用のプレートを使用してコンピューター処理するCR装置を採用しています。常に安定した画像が得られ被ばく線量の低減が可能です。

一般撮影装置

1.5T-MRI装置

MRIとは、X線撮影やCTのようにX線を使うことなく磁気の力を利用して体の臓器や血管を撮影する検査です。様々な病巣を発見することができますが、特に脳や脊髄、四肢、または子宮、卵巣、前立腺等の骨盤腔に対して優れた描出能が得られます。

MRI1.5

16列マルチスライスX線CT装置

X線とコンピューターを使い身体(頭部、躯幹部、四肢)の断面を連続して撮影することで、身体の内部構造を精密に検査する手段です。その有用性から適用範囲が広く、依頼数の多い検査です。検査はほとんど苦痛を伴いませんが、息止めや身体を動かさないなどの制約があります。当院は16列のマルチスライスCTを導入しており短時間で、目的に沿った検査が可能となっています。

16列マルチスライスX線CT装置

血管撮影装置

カテーテルという細い管を血管内に挿入し、造影剤を用いることにより連続的に血管を描出する検査です。心臓の血管に対しては細くなった血管内で風船(バルーン)を膨らませることや網目状の管(ステント)を挿入し通りを良くしたり、腹部血管の肝臓がんに対は血管塞栓術(血流を止めがんを殺す)などの治療を行なっています。

血管撮影装置

X線TV装置

主に食道・胃・大腸のバリウム造影検査を行なっています。本館では大腸検査や小腸造影、脊髄造影、胆嚢・胆管造影等様々行なっており、健診センターでは主に食道・胃のバリウム造影を行ない、内視鏡を使った胆管・膵管造影も行ないます。本館・健診センターともにFPDを導入し、より鮮明な画像を提供できることが可能になりました。これにより従来では細かい壁が見えにくかった部分が見えるようになり確定診断ができるようになりました。

X線TV装置

マンモグラフィ撮影装置(FPD)

女性で最も多く罹患するのが乳がんです。今や日本人女性の12人に1人が罹患すると言われ、現在もなお増加傾向にあります。
マンモグラフィ検査は極早期の乳がんを写し出せ、病巣の早期発見と早期治療につながります。より細かい病巣が発見できるよう、平成24年に最新式FPDマンモグラフィ装置を導入しました。撮影に際しては、必要な専門知識と技術を取得した認定技師が対応しています。

DSC_0802

超音波診断装置

超音波は人間の耳には聞こえない高い周波数の音波で一定方向に強く放射され直進性が高いという性質があります。これを腹部の体表に当ててそこから跳ね返ってくるエコー(反射波)を受信し、コンピューター処理で画像化し診断するのが超音波(エコー)検査です。これには、心臓や腹部、乳腺、血管、皮膚など多岐にわたって検査・診断ができます。

DSC_0811-2

骨密度測定装置

骨密度とは骨を構成するカルシウムなどのミネラル成分がどれくらい含まれているか(骨の強さ)を表す指標です。したがって骨の密度から骨粗しょう症のリスクを調べることができます。骨粗しょう症になり骨折という形で現れるのはかなり高齢の70代、80代です。骨折にならないためにも若いうちから自己の骨密度を知り、予防を心がけることが大切です。検査時間は数分で終わってしまい苦痛もありません。是非受診してみてはどうでしょうか。

DSC_0801