各部門のご案内

HOME > 各部門のご案内 > 看護部 > 看護部長のあいさつ > 

看護部長のあいさつ

  • カテゴリーなし

看護部長のあいさつ

日頃、地域の皆様や医療関係者の皆様には、菊川市立総合病院の看護部の活動について、ご理解とご協力を賜りまして感謝申し上げます。

菊川市立総合病院では、「地域の皆様に信頼される心温まる看護を提供します」という理念のもと、“笑顔”“挨拶”“気づき”を行動指針にして、サンキュープロジェクトという取り組みをしています。この取り組みは、職員に感謝の気持ちを伝えることや、良い行動を承認するときに、サンキューカードを活用し、相手に伝えるという内容です。この取り組みを始めて、平成27年度には、職員同士で送られるカードが1000枚を超え、良い行動・質の高い看護が、職員同士で共有できるようになりました。日総研主催の接遇大賞に受賞できましたこともこの取り組みの成果です。

そのほかにも、看護の質の向上のための取り組みとして、新人看護師の研修制度を活用した教育の充実や、ナイチンゲール看護論の活用患者視点の退院支援の充実、皮膚排泄ケアの認定看護師を中心にした排泄ケアの充実など、これからの時代に即した活動を、積極的に取り組み始めています。また、職員の働く環境の改善として、ワークライフバランスの推進にも力を入れています。2025年を目前にした超高齢社会、これからの時代には、職員は地域および組織の財産です。これからも、オンリーワンの病院をめざし職員一同力を合わせ、地域住民の方たちに信頼される病院になるように、ひたむきに努力してまいります。

平成28年5月

市川副院長兼看護部長副院長兼看護部長
認定看護管理者
市川幸子

当院の概要

 当院は静岡県西部の東端に位置し、緑に囲まれた丘陵地にあります。晴天日には遠く富士山も望める静かな落ち着いた環境にあります。
設置母体は菊川市の自治体病院です。病床数262床の一般病院ですが、一般急性期病床は162床あり 7:1の入院基本料算定がされ、手厚い看護提供がされております。
その他にも、精神科病床60床・回復期リハビリ病棟40床・家庭医療センター・院内助産院を有する特徴のある地域に密着した病院です。 

  ◆ 患者様一人ひとりを大切に、安全・安心・誠実な看護提供に心掛けています
人を大切に出来るということは、看護師一人ひとりも大切にされていることでもあります。
いま、ここにいらっしゃる患者様が自分の身内であったら・・・・・そんな気持ちで思いやりのある看護を提供しています。また、看護のプロとしての的確な判断能力と実践力を備えられるよう質の高い看護師に育って頂くための、研修体制も整えられています。

  ◆ 看護師としてのやりがいや喜びを感じられる体制
看護職のみなさまが、かけがえのない大切な人生を送れるように”ワークライフ・バランス”を実現し、活き活きとやりがいのある看護ができるように体制を整えています。                                       

1、新人看護師研修制度の充実。
2、日本看護協会認定資格・助産師資格取得のための支援を行なっています。
3、働くお母さんのための院内保育所を設置しています。
4、二交代制など、多様な勤務形態を導入しています。
5、再就業講習会・就職なども積極的に受け入れています。  

看護部理念

 私たちは地域のみなさまに
  信頼される 質の高い
   心あたたまる看護をめざします