医療関係の皆さまへ

HOME > 医療関係の皆さまへ > 治験管理室 > 治験管理室の紹介 > 

治験管理室の紹介

  • カテゴリーなし

ご案内

当院では平成19年より静岡県治験ネットワークにワークに参加し治験を受託しています。
治験管理室では治験に関する窓口として事務局業務や患者様の対応、医師の補助、院内調整などを行っています。
治験の実施に関する基準に則り、倫理的で科学性、信頼性の高い治験の実施を目指しています。

治験管理室の紹介-1  治験管理室の紹介-2

スタッフ紹介

治験管理室(※治験事務局) ※は治験審査委員会事務局を兼ねる
室 長 松本 有司 医師(副院長 内科)
室 員 松下 久美 治験コーディネーター(薬剤科主任)
佐藤 晶彦 治験コーディネーター(薬剤師)
山本 朝海 治験コーディネーター(外来師長)
岡田 祐子 治験事務局員・治験コーディネーター
治験薬管理者
瀧 祐介 薬剤師(薬剤科長)
記録の保存責任者
松本 有司 医師(副院長 内科)
診療録管理責任者
二見 肇 医師(副院長 内科)

主な参加研修会、学会など

平成21年度
第9回CRCと臨床試験のあり方を考える会議

小学校児童を対象とした臨床研究におけるCRCの役割
~異国籍児童への支援を経験して~

第30回日本臨床薬理学会 被験者手段における院外広告の有用性に関する検討
平成24年度
第12回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 高校生を対象としたランダム化比較試験の信頼性確保におけるCRCの役割;
データマネジメントの工夫
第33回日本臨床薬理学会 高校生を対象としたランダム化比較試験の信頼性確保におけるCRCの役割
Clinical Reseach Professionals 寄付論文 高校生を対象としたランダム化比較試験の信頼性確保におけるCRCの役割;
データマネジメントの工夫
平成25年度
第13回CRCと臨床試験のあり方を考える会議

一般市民の臨床研究への参加に対する意識調査

平成26年度
第17回日本医薬品情報学会

市販後調査に関する業務支援の有用性と今後の課題

第14回CRCと臨床試験あり方を考える会議 市販後調査に関する業務支援の有用性(契約~調査終了まで)