病院のご案内

HOME > 病院のご案内 > 病院の概要 > 

病院の概要

  • カテゴリーなし

概要

菊川市立総合病院は、菊川市が運営する自治体病院です。
東には日本一の大茶園牧之原台地が広がり、遠く霊峰富士を望むことができ、北には南アルプスの支脈粟ヶ岳、ここに源を発する「菊川」が市内を南北に流れ、遠州灘に注いでいます。病院の丘陵地から眺める西方は、豊かな田園風景の広がりをみせています。

▶名称 菊川市立総合病院
▶経営主体 菊川市
▶所在地 〒439-0022
静岡県菊川市東横地1632
・TEL (0537)35-2135(代表) ・FAX (0537)35-4484
・URL:http://www.kikugawa-hosp.jp
・E-mail:info@kikugawa-hosp.jp
▶開設日 1950年3月 (昭和25年)
▶開設者 菊川市長 太田 順一
▶院長 村田 英之
▶副院長 松本 有司
二見 肇
大貫 義則

▶副院長
兼看護部長

市川 幸子

▶診療技術部長
兼診療放射線科技師長

井上 忠之
▶事務部長 榊原 敏矢
▶病院分類 一般病院 [臨床研修指定協力型病院]
▶診療科目

内科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・泌尿器科・精神科・リハビリテーション科・麻酔科・形成外科・リウマチ科

▶病床数 260床 (一般科:202床、精神科:58床)
▶救急医療 二次救急告示病院 (専用病床2床)

施設構造と面積

▶建物構造 鉄筋コンクリート造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造・地上4階・塔屋1階 高さ 最高部27.0m・軒高18.6m
静岡県では東海地震を想定し、設計地震動を全国水準のおよそ2割増し。更に、防災上必要な公的建物には2割5分増しの耐震設計が行われています。当施設も防災時に重要な役割を担うことが予想されることから公的建物に準じ、地震動の全国水準に対しておおよそ5割増しの耐震設計がされています。
▶敷地面積 63,967.32平方メートル
▶建築面積 8,687.28平方メートル
▶延床面積 17,452.17平方メートル
▶内、患者様駐車場

約13,250平方メートル (241台)

組織図と職員構成

  • H28菊川市立総合病院 組織図(PDF:100KB)
  • 職員構成
    (平成28年4月1日現在)




    職種 正規職員 臨時職員 臨時職員 備考
    (換算人員)
    医師 28 6 34 5.82
    看護師 184 35 219 28.26 助産師・看護師・准看護師
    技師 61 10 71 9.07 薬剤師・診療放射線技師・臨床検査技師・理学療法士
    作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士・臨床工学技師など
    事務員 28 6 34 6.0 精神保健福祉士・事務職員など
    労務員 2 7 9 7.0
    303 64 367 56.15


病棟名称・病棟施設基準・保険等の指定認定

病棟名称

病棟名称 病床数 診療科 部屋数 内、個室 内、4(3)人部屋
4階東病棟 58 内・泌 23 11 12
4階西病棟 44 内・産(地域包括) 17 8 9
3階東病棟 60 整・外 25 13 12
3階西病棟 40 リハビリ 13 4 9
1階西病棟 58 29 12 6
260 107 48 54


病棟施設基準

入院基本料 一般病棟入院基本料 (7:1)
特定入院料

回復期リハビリテーション病棟入院料2
精神科急性期治療病棟入院料1
地域包括ケア病棟入院料1


保険等指定認定

・保険医療取扱病院 ・国民健康保険療養取扱病院 ・老人保健医療取扱病院
・救急病院 ・労災保険指定病院 ・生活保護指定病院
・母体保護法指定医
の配置されている医療機関
・結核予防法(適性医療)病院 ・障害者自立支援医療(精神通院)
指定医療機関
・特定疾患治療契約医療機関 ・身体障害者福祉法指定医 ・指定小児慢性特定疾病医療機関

・原子爆弾被爆者一般疾病医療取扱機関

・地方公務員災害補償基金指定医療機関


学会等研修施設認定

日本内科学会認定 教育関連病院
日本循環器学会認定 循環器専門医研修施設
日本消化器病学会認定 関連施設
日本消化器内視鏡学会専門医指導施設
日本外科学会 外科専門医制度修練施設
日本消化器外科学会 専門医修練施設
日本整形外科学会 専門医制度研修施設
日本産科婦人科学会 専門医制度卒後研修指導施設
日本周産期・新生児医学会 母体・胎児研修補完施設
社団法人日本精神神経学会精神科専門医制度における研修施設
日本麻酔科学会 麻酔科認定病院
日本乳がん学会 関連施設