病院のご案内

HOME > 病院のご案内 > 沿革 > 

沿革

  • カテゴリーなし

病院沿革

昭和24年 3月 堀之内町・六郷村・加茂村・内田村・横地村の1町4村による「国民健康保険菊水病院組合」を設立
昭和25年 4月 病床20床(内科6床・小児科5床・外科9床)にて「国民健康保険菊水病院」を開院
酒井透 初代院長就任
昭和27年 4月 河城村が加わり「河城診療所」を開設
昭和29年 1月 町村合併により菊川町が誕生し「菊川病院」に改称
高橋俊哉 2代目院長就任
昭和30年 4月 菊川町の国保直営病院となる
昭和31年 6月 飯塚敏男 3代目院長就任
昭和32年 5月 増改築により一般科病棟60床・結核病棟30床・伝染病棟11床の計101床となる
昭和36年 4月 小笠町が加入し、菊川・小笠の2町による「国民健康保険菊川病院組合」を設立
「共立菊川病院」に改称
昭和40年 4月 小笠町に付属の「小笠診療所」を開設
昭和40年 5月 精神科110床を併設
昭和42年 9月 一部事務組合名を「菊川町及び小笠町保健衛生施設組合」に改称
昭和43年 7月 落合国太郎 4代目院長就任
昭和44年 9月 和田喜平 5代目院長就任
昭和44年 11月 手術棟竣工し2階に病室を増床
昭和46年 6月 レントゲン棟竣工
昭和46年 8月 看護婦宿舎(定員40名)竣工
昭和49年 2月 本館診療棟の全面改築着工
昭和50年 9月 本館診療棟(一般科174床)の全面改築竣工にて診療科6科(内科・小児科・外科・整形外科・産婦人科・精神科)と精神科110床の体制となる
昭和52年 3月 精神科外来診療棟竣工
昭和55年 3月 小笠診療所の全面改築
昭和57年 2月 岩間定夫 6代目院長就任
昭和57年 4月 浜岡町・大東町・大須賀町を加えた小笠郡下5町による「菊川町ほか4町共立菊川病院組合」に組織変更
昭和58年 1月 泌尿器科常設
昭和60年 3月 CT棟竣工
昭和62年 3月 看護婦宿舎を改修し、健診センター設立
昭和62年 4月 菊川・小笠の2町による運営に戻り「菊川町及び小笠町共立菊川病院組合」に改組
眼科開設
平成 2年 4月 忍頂寺紀彰 7代目院長就任
脳神経外科開設
平成 2年 11月 「共立菊川総合病院」に改称
平成 3年 1月 人工透析室(5床)開設(後に、平成8年9月6床・10年3月10床・13年4月11床となる)
平成 3年 4月 耳鼻咽喉科・皮膚科開設
平成 5年 4月 移転新築事業着手
平成 9年 10月 移転新築事業竣工
平成10年 3月 一般科210床、精神科60床の計270床と診療科11科体制にて新病院開院
平成13年 4月 (財)日本医療機能評価機構の認定(複合病院種別B:一般・精神)
平成14年 4月 森重夫 8代目院長就任
平成15年 9月 麻酔医着任
平成16年 4月 館内禁煙の実施(精神科病棟を除く)
平成16年 6月 亜急性期入院病床(8床)の運用開始
平成16年 8月 近隣28診療所との開放型病床(5床)の運用開始
平成17年 1月 小笠町、菊川町が合併。「菊川市」誕生にともない「菊川市立総合病院」に改称
平成18年 3月 救急外来待合コーナー周辺の改築竣工
(財)日本医療機能評価機構の更新認定(Ver.5.0 複合病院:一般・精神)
平成18年 4月

村田英之 9代目院長就任

平成21年 2月 院内保育所「さくらんぼ保育室」完成
8月

回復期リハビリテーション病棟オープン
一般科202床(うち回復期40床)、精神科58床

平成23年 8月 菊川市家庭医療センターを開設
平成28年 4月 化学療法室竣工