トピックス

HOME > トピックス > 
  • カテゴリーなし

地域包括ケアフォーラムを開催しました

2016年12月9日(金)

12月3日(土)、静岡県看護協会中東遠地区支部と菊川市立総合病院の共催による地域包括ケアフォーラム「認知症の人と家族を地域で支えるために」が菊川市中央公民館で開催されました。

フォーラムは基調講演とシンポジウムの2部構成で行われ、地域の医療・福祉関係者や住民などおよそ160人が参加しました。基調講演では菊川市家庭医療センター津田修治医師が「これからの認知症の地域支援について」を演題として、認知症の病状の進行を初期・中期・終末期に分け、それぞれの段階での患者や家族に必要な支援について説明がありました。

シンポジウムでは、「他職種連携による認知症サポート体制」をテーマに行政、医療・介護関係者、住民・患者家族の立場から発表した後、パネルディスカッションを行いました。

参加者からは「認知症への理解が深まった」、「患者だけでなく家族も支援していくことが大切だということがわかった」などの感想が聞かれました。

パネリストらによるシンポジウム津田医師による基調講演

会場の様子